スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナム株ノーロードファンド

グローバルリンクアドバイザーズ株式会社のベトナム株ノーロードファンドの情報です。
ベトナム株のVN指数は上昇傾向にあり、OTCや非上場の株式投資も行う、本ファンドは現時点では、余裕資金の範囲で小額投資するのはお勧めです。 ★★★★

戸松信博氏は中国株でブームを起こし、もともとはユニイテッドワールド証券と提携しており、そこで中国株の情報を流しておりましたが、独立しました。
私自身も本ファンドの1と2を購入しました。1が上昇していたので、それ以上に2のファンドを購入しました。
ドンBaseでは両ファンドは、購入額から-5~+5%程度にやっと復帰しましたが、円Baseでは、ドン安だったので、以前30-40%程度赤字です。ただし、復帰貴重です。これからの復帰に期待したいです。また私は円安予想派なので、円とドンの関係は、将来的にはどう考えてもドンが高くなり、財政赤字と改革が遅い国の円はさがるとみています。

現状赤でしたが本ファンドを小額投資するお勧めは以下にあります。

・本ファンドでは戸松氏の写真が満載した現地レポートがあり、社長等とあって生の情報が生き生きと手に入ります。他のファンドではあまり見られないサービスです。
・ 新興国のノーロドの草分けであり、管理報酬も1.5%程度であり、成功しないかぎり成功報酬の15%は戸松氏の会社には手に入りません。成績の良いファンド、たとえばMan社のADPでも成功報酬は20%ですが、15%に抑えている箇所が魅力的であり、また運用に成功しないと報酬が手に入らないので、本人は必至で取り組みます。
・小額10万円から投資できます。
・これからのベトナムの株価指数が全世界的な金融閑話と今後の経済の発展、中国とともに発展することを考えると買い時と判断します。

逆に以下のふたつの注意点があります。
・3年は解約できません。ファンド1は、追加で二年延びました。つまり流動性が低いです。
・そのため余裕資金の範囲で小額(10万程度から)投資し、現地情報を入手しながら、単品でベトナム株投資をするのがお勧めです。

なぜ私が、これを購入したかでずが、中国株で毎年の季節性の安値の話を信じ、上昇した時に買いそびれてしまい、結局波になれなかったことがあります。B株解放の時にはすぐに購入してたなり設けることができましたが....またH株指数自身もかなり上昇しましたが、購入していた株はそれほどでもありませんでした。よって、個別株の売買でなく、全体の成長を実感でき、うかつに売ることができない本ファンドを選びました。
その時の想定では、5-10倍位あがる、最低でも3倍位にはなると、夢見てました。

これらのことを経験し、今ではなるべく堅実な投資を試みてます。
本ファンドを小額で、ベトナムの会社の現地レポートにより成長を実感しながら投資し、個別株式も別途購入する、
このパターンがお勧めです。
なお、戸松氏のReportは面白いですが、私は私でバフェット流に、Annual Reportと現地のWEB情報をもとに、情報発信していきます。

なお、私は、2002年7/4に妻とホーチミンに、59,800円で5日の旅行に行ってます。この時の町の様子や活気が忘れられません。人々の優しさも....戦争でアメリカに勝ったことを誇っていることも面白く紹介されてました。
オートバィは当時相当多く、なぜこんなに多いき聞いたら「どこかに行くわけでなく、若者が好きでぐるぐる回っているだけ」と聞いて絶句しました。
これもベトナムが好きになった理由です。また別途どこかで旅行記を載せます。

史上最強の投資家 バフェットの大不況を乗り越える知恵史上最強の投資家 バフェットの大不況を乗り越える知恵
(2010/03/19)
メアリー・バフェット、デビッド・クラーク 他

商品詳細を見る


史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール史上最強の投資家 バフェットの財務諸表を読む力 大不況でも投資で勝ち抜く58のルール
(2009/03/19)
メアリー・バフェット、デビッド・クラーク 他

商品詳細を見る


投資はあくまで自己責任でお願いたします。
クリック↓ 応援頂けると記事に熱がさらに入ります。

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

楽天楽天・売れ筋
お好み筋
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

バフェット流銘柄分析家

Author:バフェット流銘柄分析家
各種投資を20年程度実施しましたが、バフェットの投資方法が最良と考え、その視点で銘柄分析を行って紹介していきます。
注:本情報をもとにした投資の責任は一切追いません。

応援うれしいです。クリック↓ にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
FC2カウンター
スポンサーリンク
投資勉強
ベトナム株通信
Amazonおまかせ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。