スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インドの超有望銘柄の発掘

今回はインド株の超有望銘柄の発掘のための銘柄選定です。

以下の指針でまず企業を探し、そのあとで銘柄分析です。

・売上・利益が5年間右肩あがり
・営業利益率が25%以上


インド株はADRで米国市場から得ることができます。昔、アメリトレード証券を米国で口座開設して、インド株を少しもっていました。
今回は、取扱量が一番多い、マネックス証券で調査です。

うっ、ひとつも合致するものがありませんでした。

よって、SBI証券でも調べました。

1つだけありました。

HDB  HDFC銀行
です。 銀行業やクレジットカードを扱ってます。 営業利益率約50%です。


ほかにもないかと思い、楽天証券も調べましたが、指針に会うものはありませんでした。

しかし、調べた銘柄は、見覚えのあるものばっかり.。 昔、中国株のあとに、米国のADRでインド株を多少買うときに研究してたことを思い出しました。
でも、そのときの印象は、これっていうのはあまりなく、インフォシステクノロジーあたりを買ったのを覚えています。
でも今回チェックしたら、インフォシスは指針に合致してません。

もう少し、魅力のある企業があったらいいのにと思いました。

これで、ベトナム株以外のすべての銘柄の指針によるピックアップは終了です。

簡易的に銘柄を絞り込みたいので、最新のAnnual Reportの数値指標と内容の一年分で、まず次のスクリーニングをします。



投資はあくまで自己責任でお願いたします。
クリック↓ 応援頂けると記事に熱がさらに入ります。

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ

にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

楽天楽天・売れ筋
お好み筋
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

バフェット流銘柄分析家

Author:バフェット流銘柄分析家
各種投資を20年程度実施しましたが、バフェットの投資方法が最良と考え、その視点で銘柄分析を行って紹介していきます。
注:本情報をもとにした投資の責任は一切追いません。

応援うれしいです。クリック↓ にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
FC2カウンター
スポンサーリンク
投資勉強
ベトナム株通信
Amazonおまかせ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。