スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMPの銘柄分析

IMPの銘柄分析です。

IMP メックスファーム医薬品 配当利回り 3.04%、営業利益率   12.5%です。

予想PER 19.2で少し割高です。

またもや、製薬の企業ですが、化粧品と補助食品、飲料も扱っており、輸出もしています。


まずはチャートを見てみましょう。

IMPchart.jpg  

    


わりときれいに右肩上がりですね。印象はまあまあ良いです。


英語のサイトと英語のAnnual Reportがあればさらに印象が良くなりますが、どうでしょうか。


英語のサイトはあります。でも、Financial StatementやAnnual Reportはまたもやベトナム語です.....

海外の株主がいるので、英語にしてほしいものですが、でも日本の企業も英語では作ってないですね....

こちらはベトナムTop100企業に選ばれたとのことです。

ハウザン製薬(DHG)を所有していますが、さて、これに勝てるかどうか。

Anuual Reportがベトナム語の中では分析は厳しいですね。






1. 長期競争優位性を評価するために一貫した利益成長の有無の確認

結論: 2012年度以上、売上は右肩上がりですが、営業利益はかろうじて及第点です。2013年が落ち込んでおり、それ以降も伸びが緩いです。 ★★★



売上高営業利益1株益
2012818,121105,0992,898
2013841,31698,0252,122
2014897,135111,1672,964
2015964,318119,9282,364
20161,010,346126,7762,796

単位百万VDN




2. 長期競争優位性の確認のため総負債の対純利益比率の確認

5倍以内が望ましいです。(小さいほど良い値です)
結論:  ★★★


負債比率は5以内で2程度で安定しています。



税引き後利益負債比率
2012776131809432.3
2013606241439872.4
2014857782329022.7
2015929091858832.0
20161011592199282.17
単位百万VDN



3. 長期競争優位性確認のための粗利益の売上比率


粗利益は、売上から売上原価を引いたものであり、売上に対する比率が高いほど稼げる会社となっています。これは、売上に対するコストがかからない構造であることを逆に示します。粗利益率は、コカコーラ、マイクロソフト等60%以上の高い比率です。ガイドラインとしては最低30%以上が優良と考えます。50%以上ならとても優良です。


結論: 40%以上ですが、近年低下傾向です。 ★★★



売上高粗利益粗利益率%
2012818,12137760446
2013841,31638984846
2014897,13541886747
2015964,31838325940
20161,010,34640505340

単位百万VDN 





4. 業務内容は理解できるか? 


Annual Reportがベトナム語なので、立派ではあります。
輸出について、世界のマップなどがないか見てみました。特にないですね。
輸出はグラフでは9.1%程度のようです。
アフリカや南アメリカが輸出先とのことです。

また、競合含めた周辺環境の説明も英語で欲しいところです。

結論: ★★★


5. 経営者の評価

サイト上に英語で説明が顔写真とともにあります。でも経歴などのってません。



結論: ★★




6. 総合評価

★★★です。


この銘柄は見送りです。


理由:
 1)不可の部分はないが、これはと思う買いたいレベルまでなってない。
 2)やはりAnnual Reportが英語でないのが印象悪い。




投資はあくまで自己責任でお願いたします。
クリック↓ 応援頂けると記事に熱がさらに入ります。

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ

にほんブログ村




スポンサーサイト

テーマ : ベトナム株投資情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

楽天楽天・売れ筋
お好み筋
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

バフェット流銘柄分析家

Author:バフェット流銘柄分析家
各種投資を20年程度実施しましたが、バフェットの投資方法が最良と考え、その視点で銘柄分析を行って紹介していきます。
注:本情報をもとにした投資の責任は一切追いません。

応援うれしいです。クリック↓ にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
FC2カウンター
スポンサーリンク
投資勉強
ベトナム株通信
Amazonおまかせ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。