スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年度 今後のアセットアロケーション

今回、久々にアセットアロケーションの記事を書きます。
前回設定したのてが、2010年でした。
かなり年月がたち、投資実績により見直しが必要と感じましたので、検討し、記事にしました。

2010年の振り返り


なお、参考までに2010年度に設定していたアロケーション目標と現在の実態は以下です。


カテゴリ 用途アロケー
ション目標
実態備考
MAN ADP年金用40%34%
REIT(海外)生活防衛 30%45%
債券(海外) 教育費20%1%
新興市場株式 投資余剰5%2%
日米株式投資余剰5% 0%
キャッシュ余裕投資分 0% 17%     

                 

この5年を振り返ってみると、
 まずMAN ADPは低迷しているため、値段が下がりました。それでも購入当初より利益は出していますが、世界同時暴落の時に値段があがるはずなのでリスクヘッジ資産として保有しています。まだ売りませんが低迷が続くようだとそろそろ売りたいです。でも英語ですべて対応なので売るのも大変です。

 REITは調子が良かったためどんどん増えました。相当利益も出ました。でも2010年とちがって、米国金利があがり始め、円安もひと段落し、また海外REIT人気もさがって流出金額も大きくなったので、ポジションを縮小しようと思います。
 REITはまた、不動産が大暴落でもして低金利になってきたら、あと10年以上あとだと思いますが、その時にまた投資を増やすこととします。本日振り返りをして決心しました。

 債権は、ずっと低迷していたので、ほとんど手放しました。残りも全部解約です。教育費は別にキャッシュでとることとします。

 新興市場株式は、購入していたベトナムのファンドの大暴落して痛手を食いました。すべて清算済みです。個別で購入したベトナム株のみ保有しています。これはバフェット流の成果が出て、値上がりしています。

 日米株式は今は0になってます。ここはバランス上少し投資しても良いです。

 投資してない分キャッシュが増えてますが、少しもったいないです。


2017年からの新アセットアロケーション

それではこれからはどうするか、以下をご覧ください。

カテゴリ 用途2010 アロケー
ション目標
2017実態2017新
アセット
アロケーション
2017
実績
備考
MAN ADP年金用40%34%34%暴落時用
REIT(海外)生活防衛 30%45%20%
債券(海外) 教育費20%1%0%
新興市場株式 投資余剰5%2%13%ベトナム
日米株式投資余剰5% 0%13%米国のみ
キャッシュ余裕投資分 0% 17%20%IPO用コミ   



解説します。

まずMAN ADPはやはり世界市場が大暴落したために、まだ保有しておきます。もしもそういう事態になっても過去のように値段が上がらなければ売却していくことになります。

REITはぐっと保有量を減らします。今残っているものは毎月の入金用の分とNISA分のみとします。

債権は振るわないし、ほかの手段があるので保持しません。

REITの分を新興市場であるベトナムと、米国に振り分けます。日本の株式は、米国やベトナムと比べると成績が低いものばっかりなので基本的には投資対象にはしません。

そして残したキャツシュ、バフェットなら10%から20%を持つそうですが、教育資金用にも10%はとっておき、使わないので、残りの10%を投資用の余裕分(暴落時に購入分)でとっておきます。

ここからとても大切な本題ですが、二つの攻め方をします。

1つ目
ベトナム株と米国株の二本立てでバフェット流の投資を行う。

ベトナム株は今回銘柄分析しているものの中から選択する。なお、その選択されるものがどの程度価値があるかで、米国株との配分比率を調整することがあり。

米国株は、バフェット流の本命、バフェットのいるバークシャアハサウェイ(BRK)を購入する。この株は、ここ50年の平均利回りが20%でとてつもなく成長率が良い。本来この株一本でも良いかもしれないが、ベトナム株と、地域分散する。地域分散とは、米国とベトナム違う地域で投資しリスク分散するとの意味。たとえば、東日本大震災で世界の株価が暴落した時にもベトナム株だけは下げなかった、この特質を利用するもの。

米国株はBRK以外にもS&PA500インデックスも投資対象だが、BRKに決定。
なお、以下の東条雅彦さんのメルマガやブログに本当に有益な情報が記述されている。
特にBRKかS&PA500かを投資するのに参考にした記事は以下。(実際は一連のメルマガを見て確信)

バフェットも推薦!安全に億万長者になれるインデックス投資の秘密



S&PA500は年平均利回りは、9.7%。それでも高いが。


2つ目
これは、キャッシュをリスクを取らずに有効活用する必殺技。
IPOに参加するというもの。
IPOには、資金が必要だが、SBI証券では資金の分だけ、当選確率があがる。
そしてもし当選したら高い確率で利益を上げることができる。
当選しない限り損は0で、当選したらほとんど損をすることなくリスクを抑えた投資(宝くじを買うようなもの)ができるので、資金を寝かすのではなく、IPOで有効活用する。

当選確率のみ気になるが、以下のサイトにまとめた表があり。

  証券会社の当選確率表(数値) 口座数順
 


アセットアロケーションを今の市場の動向を見ながら見直しました。
かなり良いポートフォリオができたと思います。

二つの攻め方をして、バフェット流はヘトナムと米国、キャシュはIPOでリスクなく運用し、いざという暴落時には底値広い用に使っていきます。

これでかなり、そうですね、10年から20年、安心できる運用方法になったと思います。(MAN ADPのみ除く)

あとは、今続けているベトナム株の銘柄分析を続けていき、その結果で投資するものを決めます。

その際は、また記事にします。





投資はあくまで自己責任でお願いたします。
クリック↓ 応援頂けると記事に熱がさらに入ります。

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ

にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ : ベトナム株投資情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

楽天楽天・売れ筋
お好み筋
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

バフェット流銘柄分析家

Author:バフェット流銘柄分析家
各種投資を20年程度実施しましたが、バフェットの投資方法が最良と考え、その視点で銘柄分析を行って紹介していきます。
注:本情報をもとにした投資の責任は一切追いません。

応援うれしいです。クリック↓ にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
FC2カウンター
スポンサーリンク
投資勉強
ベトナム株通信
Amazonおまかせ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。