ベトナム株の検証 HAGの例から

TPPにベトナムが合意して恩恵がありそうなので、ベトナム株情報を再度また調べることとしました。
思い出せば五年位前、中国株と同様にベトナム株も値段がかなり上がり、第二の中国株となり利益もかなり得られると
踏んで投資をしました。現在は四年で40%程度の利益が出ましたが、投資したファンドではかなりの痛手であり、
学んだことは以下です。

・換金性のないベトナム株ファンドに投資したが惨憺たる結果。換金性のないものには基本は手を出さない。
・中国と違いベトナムは貿易赤字国であり、ドン安で痛手を被った。
・経済成長しているにも関わらず、ベトナム株価指数も低迷が数年にわたった。
・よって今後経済成長したとしても株価がそれについて値段があがるかいなかは、日本や米国のようには
 いかないことを肝に銘ずべき。
・その中で、たまたまほおっておいた株式は、着実に成長を遂げているものがある。インフラ系は下火であるが
 消費関連は好調だった。これは中国の株式とも同様で、たとえば中国も初期は高速道路の会社の株価が
 伸びたが、現状は低迷している。
・個別企業例えば、HAG、ホアン アイン ザ- ライ コ-ポレ-シヨンはバフェット流分析によってもかなり
 業績が良い企業に思えたが、その後売上は低迷し、株価も下がっている。
・よって、ベトナムの経済成長は間違いないとは感じているが、そこに潜むリスクと、どういうタイミングでどういう企業を
 選ぶかが考えどころ。
・その上で投資対象があるか否かの検討が必要。


そのためには、HAGについて見込みが外れた原因をまず分析する必要があり、過去についてまず検証していこうと考えてます。
なお、外資の49%所有の制限も撤廃が段階的にされていくようで、そうすると有望な投資先になるのか、また、ビナミルクはとても
株価はあがったが、今後も見込めるのか、そのための情報をどう得るのかも調査し考えていきたいです。

投資はあくまで自己責任でお願いたします。
クリック↓ 応援頂けると記事に熱がさらに入ります。

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

楽天楽天・売れ筋
お好み筋
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

バフェット流銘柄分析家

Author:バフェット流銘柄分析家
各種投資を20年程度実施しましたが、バフェットの投資方法が最良と考え、その視点で銘柄分析を行って紹介していきます。
注:本情報をもとにした投資の責任は一切追いません。

応援うれしいです。クリック↓ にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
FC2カウンター
スポンサーリンク
投資勉強
ベトナム株通信
Amazonおまかせ