スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大震災後の激動の相場

3/11の大地震による津波、原発事故まで含めた激動の週が過ぎました。被災者には心からお悔やみ申し上げます。
これと同時期に観察し、体験した相場について書き留めます。ベトナム、米国、日本の株式と、先物、投信への処置を紹介します。リーマンショックは100年に一度と言われましたが、今回の大震災は1000の年に一度ではないでしょうか。特に原発事故が二度と起こらない十分な対策が今後とられることを強く期待するのは皆同じでしょう。

ベトナム株に対するアクションは、結論として何もとってませんでした。強いていえば、口座にやはりキャッシュを置いておき、買い増ししたかったです。常に2割り程度のキャッシュを口座に持っておくと緊急事態に対応できると痛感しました。ベトナム株は、持ち分について改めて検証しましたが、今回の震災はほとんど影響なしという、びっくりした結果です。トレンド的には。震災後のセリングクライマックスだった、3/14,15にすこし数%落ちた程度で、その後上昇して、ほぼ帳消し状態です。この落ちた時に少し買い増しできたら良かったとは思いました。

次に、日本株ですが、多少持っていたものを、3/14にすべて売却です。この日が、逆にもっとも下げがきつかったので、結果としては、保持していた方が得でしたが、判断としては間違ってなったと考えます。なぜなら、もしもメルトダウンがさらにひどい状態になっていたら、もっとひどい崩壊的な下げになっていたからです。たの手段としては、皆が恐怖で売りまくるので、逆にキャッシュをもっていたら買い増す、売る時は数日で様子を見ながら売る、というのも考えられました。その後日本株は戻しましたが買い戻すことはしてません。優待券がこなくなりますが。

米国株ですが、これも少しやっていましたが、こちらは逆にすべてキャッシュになっていました。とてもラッキーでした。こちらは、3/15あたりの底入れを確認して、複数買い入れました。前からほしかった、Johnson & johnson, バークシャーハザウェイ、商品のETF, REIT ETF, アジアのETFです。特にETFは、手数料無料です。これらは、その後、直ぐに少しづつ上昇しました。とても理想的のポートフォリオが出来ました。

次に日経平均ミニ先物です。売りポジションを少しだけもちましたが、まあまあ利益がでました。先物やオプションはやめていましたが、先が予測できたので、少しだけ売買です。すでにキャッシュに戻して撤退です。

次に投信のベア株のファンドです。SBI証券では現金がなくても買い付け余力があれば投信が売買できます。ただし、先物は現金が必要です。後述する売却した投信による買い付け余力で、ベア、すなわち、日経平均がさげる確信があったので、多少投入しました。これもあたり、買った直ぐに次の日には売却です。これもそこそこの利益がでました。どう考えても翌日の米国相場はさげ、そのあとまた、日本もさげると確信したからです。確信するためには、日本のニュース以外に、海外の英語のニュースもiPadの新聞数紙で確認を続けました。

次に投信類です。これは沢山持っていました。海外のREITが多かったですが、海外債権、日本国債のベアの投信ももっていました。これらもすべて、3/14にすべて売りです。結果的にはあまり損をしませんでした。すべて清算しないとわかりませんが、もしかしたら、得したかもしれません。これもすべて売却したあとに底入れを確認したら、良いファンドにきりかえて、すべて再購入です。売った値段より安く購入できています。これら上昇しましたが、日にわけて少しづつ分散で数日で購入しました。
投信は、結局海外のものなので、海外の相場に左右され、むりに売らなくても良かったとも言えます。手数料がかかる投信を再購入したら、その分は取り戻せないので。ただし、手数料0のものを購入したので、少し得したかもしれません。
ただ、これも相場が海外ももっとくずれていたら、売って正解となったはずです。今後はむりに売らないとの経験になりましたが。



投資はあくまで自己責任でお願いたします。
クリック↓ 応援頂けると記事に熱がさらに入ります。

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 相互リンクお願いできればと思いご連絡

コメントありがとうございました。ご丁寧にご連絡ありがとうございます。
相互リンクOKです。ベトナム株の情報、さらに良い記事の記述を心がけます。
ベトナムに関わる情報を増やしていきましょう。
よろしくお願いいたします。
楽天楽天・売れ筋
お好み筋
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

バフェット流銘柄分析家

Author:バフェット流銘柄分析家
各種投資を20年程度実施しましたが、バフェットの投資方法が最良と考え、その視点で銘柄分析を行って紹介していきます。
注:本情報をもとにした投資の責任は一切追いません。

応援うれしいです。クリック↓ にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
FC2カウンター
スポンサーリンク
投資勉強
ベトナム株通信
Amazonおまかせ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。