スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後の円レートの見等し 日本国は破産するか

今後の円レートの中長期的見等しです。

いま大きな話題になっている国が破産するのではないか、との疑問に対する見等しが必要です。
危機を強調した本が多い中で、以下の本は正反対の本で、長らくこのような図書は見たことがなく、とても興味深くよみました。

「日本は破産しない! 上念 司」 

日本は破産しない!~騙されるな!「国債暴落で国家破産!」はトンデモ話だ!日本は破産しない!~騙されるな!「国債暴落で国家破産!」はトンデモ話だ!
(2010/10/16)
上念 司

商品詳細を見る




ポイントとしては、
・国債は、外人でなく国内でおもに消化されているので破産しない。
・国だけみると、資産より負債が多く債務超過だが、企業、個人等全体でみると、資産が多く、純財産がある。
・日銀がお金おもっと出して、資産をかいあげれば、円安にもふれる。日銀と政治家が犯人。
・そもそもは、国レベルで出費もへらし、稼げる体質にすべきなのに、天下り先欲しさで日銀も対応してない。いきなり消費税だけに頼ろうとしている。
等興味のある、記述が満載です。私がずっと思っていた疑問にかなり答えてくれてます。

私が考えるあるべき姿、疑問、見等しはこうです。
・大体、政治もマスコミも一律な、ネガティブな話ばかり。これでは本当にネガティブな方向にいくので、そうでない政治家と、そうでないマスメディアを選ぶ。ネットのマスメディアを期待します。
・結局思い切って改革しようとしても、切られるほうは、思い切り賢く逃れようとする。だって、生活がかかっているから。皆で、官民一時給料がさがったり、多少消費税があがっても、雇用を守れ増やせる、年金生活も不安のない、安心した社会が見える方が良いのではないでしょうか。
・一挙に過激な中途半端な改革はショックが多いと抵抗も大きいので、総合的なパッケージでマイルドにやるべき。そして希望が見えれば景気もあがります。それらの政治と雰囲気を望みます。サッカーの日本代表は、個人も監督もチームワークもとてもよく機能しているのに、政治、メディアや個人はバラバラ。。。。まとまって行きましょう。自分だけは、というのは抑えましょう。
・国債の話に戻ると、団塊世代が換金し、買い手が少なくなるのが、リスクでないかと思ってましたが、日銀がどんどん買えば良いのです。これはギリギリまで財務省含めて対応するはずなので、そんなにすぐ危険にはならないと思いますが、うまくできず、国債暴落のリスクも時にはあるとはおもいます。但し、対応をすぐするはずです。
・いずれにせよ、お金を沢山供給するしかないので、インフレ傾向もでてきて、円安に必ずなると見ています。国債利回りは抑えたがるはずなので。利回りが一時的に抑えられなければ一時的な円高はありかとも思います。
・穏やかなインフレと円安、将来不安がへることで、さらに日本は発展します。
・円安は何かのきっかけですぐくるかもしれませんが、五年から最大二十年くらいは待つかもしれないと思います。その位のスパンでの海外長期投資を考えています。

なお国債動向に敏感になるいために、国債が値を下げたら利益が出るファンドも少しだけもっています。国債消化状況は要ウオッチです。
今日は思い切り発言してしまいました。たた、15年位前にも米国は破産するという本を読み、信じるような恐ろしい本であった記憶があります。米国は全然破産してません。
反論もあるかとはおもいますが、サッカーの日本チームの活躍をみて、皆でいい国にしようではありませんか。アジアとともに。



投資はあくまで自己責任でお願いたします。
クリック↓ 応援頂けると記事に熱がさらに入ります。

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ベトナム株投資情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

楽天楽天・売れ筋
お好み筋
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

バフェット流銘柄分析家

Author:バフェット流銘柄分析家
各種投資を20年程度実施しましたが、バフェットの投資方法が最良と考え、その視点で銘柄分析を行って紹介していきます。
注:本情報をもとにした投資の責任は一切追いません。

応援うれしいです。クリック↓ にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
FC2カウンター
スポンサーリンク
投資勉強
ベトナム株通信
Amazonおまかせ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。