スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国からの調査

昨日、米国からのアメリトレードの口座を持っていることを紹介しました。
米国からみた、ベトナムや、国内投資に対する世界的観点からの調査方法について少しお話しします。
まずアメリトレードの売買や調査のweb上の機能はすごくて日本のwebの証券会社とは比較にならないほど優れています。金融機関のレベル差を実感します。
たとえば、Trailing stop注文があり、高値より何%おちたら売買と設定できます。注文も、4ヶ月にわたってできるので、狙い撃ちできる、各種リアルタイムツールも使え、調査レポートや、指標も各種ヴィジュアルでみやすい、、、などです。時間があれば、口座の開設方法と、機能紹介のブログを作りたい位です。 なお、米国に銀行口座も持ちましたが、アメリトレードの売買上は銀行口座開設は必要ありません。

ベトナムに関する情報ですが、アメリトレードでの調査ではおどろくことに、多数のETFがありますが、ベトナムや、インドネシアなどの単一の国のものはあまりありません。
中国や、シンガポールはあります。
米国では、ちかくのラテンアメリカのものがやはりおおいです。アジアははなれているので日本のブームとは違うと感じてます。
逆に、ベトナムのETFがとりあげられるようになったら上昇相場のはじまりと要注意です。
米国の経済誌も時々読みますが、アジアでは、日本株の復活や、中国の話しはありますが、たのアジアの国々が取り上げられるのを見たことはないです。
Wall street, financial time無料版をipadでもみますが、ベトナムがとりあげられることはないです。逆に取りあげられるようになるか、そこを調査してます。その内容とともに。
それらの変化があれば、ブログですぐとりあげます。
新興国としては、何となく無視されている感じです。但し、米国の証券会社自身は、アジアの新興国では活動はしています。この辺が興味のあるところです。

投資はあくまで自己責任でお願いたします。
クリック↓ 応援頂けると記事に熱がさらに入ります。

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ

にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメント

非公開コメント

Re: 初めてお邪魔しますよろしくお願いします

> 1年前に日本証券へ送金だけしてまだ取引していません、勉強不足で何を買うか銘柄選びも出来ません、貴ブログをこれから拝見しながら勉強しようと思います。
>
>  来月邱永漢投資考察団でハノイの日本証券へも行きますので記念に買おうかなとも思っています。

いいですね。ハノイにもいかれるのですか。現地の状況を生で観察されて中長期的に購入されたら良いかと
思います。様子是非教えてください。 私がホーチンミンにいったのはもうかなり前なので。
ビナミルクがかなり気に行ってみますが、現地で乳製品がどう売れているか、このあたりも見学されてはいかがでしょうか?
楽天楽天・売れ筋
お好み筋
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

バフェット流銘柄分析家

Author:バフェット流銘柄分析家
各種投資を20年程度実施しましたが、バフェットの投資方法が最良と考え、その視点で銘柄分析を行って紹介していきます。
注:本情報をもとにした投資の責任は一切追いません。

応援うれしいです。クリック↓ にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
FC2カウンター
スポンサーリンク
投資勉強
ベトナム株通信
Amazonおまかせ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。