KDCの銘柄分析 2017年版

KDC, キンド食品の銘柄分析 2017年版です。

KDCのHPにアクセスできるようになったので、追記しました。割としっかり考えているようです。

過去に、2010年に銘柄分析してます。その時の総合評価は、★★★でした。

以前は、食品以外に、本業以外の不動産や投資をしており、本業に集中してないところが
気になったところでした。
それでは、現在はどうでしょうか?


配当利回りが3.17%、PER105位程度です。 PERが異様に高いのは利益が減る見込みだからです。


早速チャートを見てみましょう。最近少し不調ですね。


KDC チャート 
 



1. 長期競争優位性を評価するために一貫した利益成長の有無の確認

結論: 2015年度以上、売り上げは急激に下げてます。但し、営業利益は10倍位になって、またさげてます。
やはり本業でない、投資部門にかなり左右されているのでしょうか。読みにくい企業です。 ★



売上高営業利益1株益
20124,285,797497,1472,082
20134,560,598618,6912,542
20144,952,662631,2612,295
20153,140,1246,675,69322,580
20162,238,7751,482,9105,714

単位百万VND


追加: 2017の2Qの発表資料を見ると、売り上げが180%位のびてます。

半年で売り上げが、2896751ありましたので、一年だと、5,800,000位になります。これは2014年よりも大きくなってます。

ここ三年の改革の成果がこれからでる感じです。

売り上げ、利益増加の一貫性はありませんでしたが、これからが期待します。★ひとつを撤回して、★★★★

とします。(今後の好ましそうな見込みを含む)



2. 長期競争優位性の確認のため総負債の対純利益比率の確認

5倍以内が望ましいです。(小さいほど良い値です)


結論:  ★★★★


負債比率は、すべて5倍以内で適切です。利益のあがる年にはかなり小さな値となってます。



税引き後利益負債比率
201235742914693304.1
201349279214950303.0
201453712415881852.96
2015526968213585360.3
2016118388326433502.2
単位百万VND



3. 長期競争優位性確認のための粗利益の売上比率


粗利益は、売上から売上原価を引いたものであり、売上に対する比率が高いほど稼げる会社となっています。これは、売上に対するコストがかからない構造であることを逆に示します。粗利益率は、コカコーラ、マイクロソフト等60%以上の高い比率です。ガイドラインとしては最低30%以上が優良と考えます。50%以上ならとても優良です。


結論: 30%以上ですが、低下傾向です。 ★★★




売上高粗利益粗利益率
20124,285,797186904543
20134,560,598197611343
20144,952,662214583243
20153,140,124117544737
20162,238,77587424239

単位百万VND


補足: 2017の前半半年では、22%まで下がってます。粗利益の額は増えてますが、それよりも売り上げが急激に伸びた

ためです。




4. 業務内容は理解できるか? 

サイトを見ました。アイザワ証券のURLはまちがっているのではないでしょうか??
アクセスできません。レスが帰ってきません。やっと帰ってたら、ヘンなサイトです。
以前調べたURLではアクセスできました。

http://www.kinhdo.vn/

WEBサイトは、前回は見やすかった印象ですが、今回みてもAnnual Reportがなかなか
みつかりません。

このサイトのIRの箇所にある、と説明があるのですが、IRのページが見つかりません。


サイトに問い合わせできるところがありましたので、その旨メールしました。

前回もメールして返ってこなかったので、今回はどうでしょうか?

開示の姿勢が気になります。


以下追記です。

メールは返答なかったですが、HPは見れるようになったので、しかも英語だったのでチェックしました。

売り上げが2014年以降落ちた理由ですが、他の会社に業務を譲渡したためです。

Mondelēz Internationalに譲渡です。

譲渡した上で自分達は、もっと大きな飲食品を狙うとのことです。

なかなか積極的な説明が記述されてます。

でも売り上げの大幅な下落はやはり気になります。たぶん譲渡したためでしょう。

ですので、大量の利益が2015年に計上されています。

さて、2016年のAnnual Reportを見てみます。

2016年で、ブランドの譲渡を含めた変遷は終了したといってます。

食品のコングロマリットになるということです。過去にやっていた不動産投資についての話はないので、本業に

集中・回帰したようです。いい傾向です。

売り上げ増も当然、狙っていくとのことです。

2016年は、計画に対して
24.3%実績が上だったとのことです。

2017年の2Qによると、他の企業をふたつばかり株を大量購入しています。

選択と集中をしています。 このように、積極的なAnnual Reportを見たことはありません。

かなり期待できます。

PERは100位の予想でしたが、利益が3倍近く伸びることを考えると、30代になります。これでも割高な

気がしますが、成長が早いと、正当化できる範囲です。


ビジネスとしては、ふたつ、Fozen food(Ice cream)とChilled(Package、Oilやマーガリン、バックの食べ物)を扱っていくようです。

Ice Creamは、36.7%の成長だったとのことです。(2016)


OILも扱ってます。(食用油)  ベトナム市場で30%を押さえたとのことです。

冷蔵庫がこれから増えていくので、この市場を支配していきたいそうです。

もう、不動産の話は一切ふれてません。

さて、輸出をしているようですが、その意気込みはどうか?

国際展開も狙っており、M&Aをしかけるとのことです。


ただ、現状は、輸出については、VNMやTLGほど具体化してはいません。



結論: これから伸びるであろう食品に絞るよう変革しており、わかりやすい。★★★★




5. 経営者の評価


ARの暴騰の記述を見ただけで、経営者が優秀なことがわかります。

ここまでの改革を先読みしてできるとは....なかなかすごいです。

チェアマンの TRAN KIM TANは、ベトナムの他の大手企業の役員も勤めているとのことです。

役員にはイギリスの大学院を出た人とか外国大学出の人も少しですがいます。

CEOは、Mr. TRAN LE NGYENさんです。

変革していく姿勢は大変評価できます。

あとは、売り上げに対するコストを抑えられるか、粗利益率を下げられるかが着目するポイントです。






結論: 変革姿勢が大変評価できる。★★★★




6. 総合評価

★★でしたが、★★★★

に変更です。

輸出までは成果出てませんが、この変革に対してはとても評価できます。これからも

売り上げは増えるでしょう。ヨーグルトやアイスなど、ビナミルクとは競合するとは思いますが、

伸びが期待できます。




食品という本業にかなり真剣に集中していることがわかったので評価があがりました。


PERは現状高いですが、売り上げ増、利益増がこれから本格上昇になりそうなので、この数年の不調は逆に

買い時かと思います。

めったにARを見て気に入る企業はありませんが、この企業は気に入りましたので、想定外にベトナム株がひとつ

増えることになりましたが、買いを入れることにしました。



ビナミルクの資金枠で買うこととしました。





投資はあくまで自己責任でお願いたします。
クリック↓ 応援頂けると記事に熱がさらに入ります。

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ

にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : ベトナム株投資情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

2017年度アセットアロケーションの見直し

 
今年、アセットアロケーションを見直しました。かなりの変更です。

予定外でしたが、以下の二つの理由です。



1)  ヘッジファンドが低迷し続けている。また、この会社と取引等の質問をしたら、回答がタイムリーにこないことが

非常に多く、流動性リスクを強く感じた。よって、全数、売却した。


2) 米国の株式が7年位右肩上がりだったが、そろそろ暴落する可能性がある。来年あたり暴落するニュースを始めて

見て、また、トランプ大統領の側近がやめていくこと、北朝鮮リスクを考え、キャッシュポジションを増やしたい。

暴落したら、世界中の株式は、数年は厳しいかもしれないが、それをバーゲンセールと見て、買って行くため。


見直したポートフォリオは、割合%で示してますが、現状と目標を記述しました。



  現状% 目標%
アジア株 3 13
米国株 9 13
日本株 3 0
ヘッジファンド 0 0
キャッシュ 56 41
投資信託 16 20
年金保険積立 10 10
仮想通貨 3 3
  100 100




番外編ですが、


仮想通貨って少し試用を始めました。長期的には投資対象と見てないのですが、

投資してないエリアがあるのもいやなのと、今後の動向を身をもって把握するためです。

どこに結びつくかというと、クレジットカード会社に対するインパクトです。

バークシャアがアメリカンエキスプレスを保有しているからです。


まぁ、仮想通貨の取引に変わってもクレジットカード会社のサービスまですぐできるとは

思ってませんが。(例:海外で怪しい引き落としがあったら、電話で確認があり、撤回してくれること。

そういうサービスは、ビットコインの取引所ではとっても無理です

...でも無理なのはやってみるからわかるのです。)


仮想通貨については、以下ブログを参考にしてます。うれしいことに少し投資したら、

少し儲けてます.....でもやけどを負わないようにするのに気を使います。


ビットコインには投資しないで! 投資30年の提言

「ビットコインには投資しないで」といいましたが試用します(その1)

「ビットコインには投資しないで」といいつつ試用(その2)安心できる取引所は?






投資はあくまで自己責任でお願いたします。
クリック↓ 応援頂けると記事に熱がさらに入ります。

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ

にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村





テーマ : 資産運用
ジャンル : 株式・投資・マネー

SKG一旦撤退 参考にしているサイト情報付き


SKGが虚偽申告により、脱税したという情報を、朝に即効で、コメントで頂きました!


どうもありがとうございましした。 こういうコメントを頂くとブログを書いていて良かったと思います。

さっそく、アドレナリン全開でどうするか調査です。

570億VNDの追徴課税―過少申告、とのことです。

監査の会社がしっかり見ているのにどういうことか、今後の推移も見ていきます。


結論としては、一旦退却で、全株売りです。


しかし、今後、この企業がさらなる投資により、成長すると思っているので、タイミングを見て買い増しの予定です。



でも、これらの不正問題がまた出てくるようでは、地元監督局とのやりとりで問題を抱えていると判断し、撤退する
可能性もあります。

もしかしたら、そういう問題があるので低迷しているのかもしれません。

ただ、一般的に日本を除いて、アジアの国々はワイロを渡すのが習慣になっていると聞きます。

地元監督局は、もしかしたら、SKGがもうけすぎているので、もっと何かを要請しているのか? と疑いたくもなります。

それは疑いすぎかもしれまぜんが....



SKGがガバナンス体勢を築き、また、サイトも英語化して情報発信するのを望みます。




その情報が載っていたのは、VIET KABというサイトと紹介を受けました。
このサイト、時々見てはいましたが今回は見てませんでした。

http://www.viet-kabu.com/

今回、ここでの情報が一番早いと分かったので、毎日9:00頃には見るようにします。
なぜ9:00かというと、アイザワ証券の場合、注文の午前の締め切りが10:00からまでです。
電話して確認しました。
この時間内に注文して、約定しなかったら、午後、もう一度出せます。でも、10:00以降の場合は、
午後には未約定でも再注文だせなく、翌営業日以降になるからです。

ちなみに、他に、情報収集で参考にしているサイトもご紹介しておきます。
以下は、現地のサイトで、特に右側に英語ですが、最新のニュースが流れてます。
最新の決算数値は、ここでチェックしてますが、ここには、脱税のニュースはありませんでした。

http://ezsearch.fpts.com.vn/Services/EzData/default2.aspx?language=EN&s=1199



それから売買動向や出来高、それから、ここが重要ですが、外国人がどの程度売って買ったかは、以下のサイトに
あります。Facebookなどでログインできます。

https://banggia-as.vndirect.com.vn/chung-khoan/#khop-lenh/danh-muc


昨日は、私を含めてうったので、外国人は売りまくってましたね。

FOREIGNの
BOUGHT   7,10  SOLD  111,60

となってました。この','は、1000の単位のはずです。そうでないと、私の売った分より低い取引となりますし、710株買いというのも小さすぎる値でする
よって、 7100株買い、 11万1600株売り
のはずです。

ビナミルクの場合は、ちなみに買いの方が多くなってました。

ちなみに本日のチャートでは、同サイトより、以下です。
昨日は、後半に値段を切り返しました。外国人は売ったはずですが、国内の投資家がチャンスとみて、買い戻したのかもしれません。

でもチャートをみると、長期的に下落してます。

また、最近でいえば、数日前から下落してます。市場では、その噂があったのかもしれません。

もう一段下げたら、また少しずつ買っていこうと思います。



SKGチャート 

また、他に参考になるサイトですが、Yahooのベトナムサイトです。


https://vn.yahoo.com/

このままではベトナム語で、わからないんですが、例えば、「SKG」と検索をかけた上で、右クリックで「翻訳」と選ぶと
日本語で出てきます!!!


これで検索してTopのHPを見ると、8/14に課税の話がのってます。Viet-Kab情報より4日ほど前です。この日から確かに売り込まれてますね。


このサイトもお気に入りに入れておきます。サイトは、ベトナム語なので、また右クリックで日本語翻訳です。


http://s.cafef.vn/hose/SKG-cong-ty-co-phan-tau-cao-toc-superdong--kien-giang-superdong-ff.chn






他に保有している、ビナミルクやTLGもどうするかですが、これらは、チャート等で異常があった時だけ、調べることにします。


当面、SKGは、買いのチャンスを見るために、このサイトを日々チェックすることにします。


さっそくこのサイトで8/14以降の記事をすべてチェックしました。


そうすると、377億は、投資拡大の優遇政策を関連の後払いだそうです。それ以外は、罰金の模様です。

控訴するか否かまだ決定してないようです。


これらの決着によって株価は大きく動くでしょう。

また、以下の記述もあります。
キエンザン - ホーチミン市証券取引部門は遅いJSCスピードボートSuperdongに対する意思決定のハンドル税の違反を発表しました」


また、利益減のインパクトですが、


2016年で営業利益が、2196億でした。 2017年の経営計画によると、売り上げは増で、利益は、

2302億です。 利益の伸びは少ないですが、新しい船を発注するためかと思います。


この利益が、2302-570 = 1732になります。 利益に閉める割合は24%なので大きくもないですが、小さくもありません。

そうすると、2015年の利益よりも下回ってきます。


その利益が減ることが確定して、また数字で市場に出ると、株価は下げると想定します。

2017年末や2018年に正式な決算資料が入ったときに、また、値をさげるでしょう。

私は、2018年春頃まで、段階的に再度、買っていく予定です。 チャートで下げを確認しながら。



小さい会社の株式なので、ビナミルクのような企業のような安定感はありません。

でももともとの経営数値が良いことと、小さい会社でリスクがあり、敬遠されていることをチャンスと見ているので、

リスクはありますが、今後のニュースに気をつけながら取引をする予定です。




投資はあくまで自己責任でお願いたします。
クリック↓ 応援頂けると記事に熱がさらに入ります。

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ

にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村

テーマ : ベトナム株投資情報
ジャンル : 株式・投資・マネー

アイザワ証券 振込み入金の余力反映までの時間

 買い付けのために、アイザワ証券に入金しましたが、即座には、買い付け余力の反映されません。

今後のことを考えて、反映のタイミングをアイザワ証券に電話して確認しました。


まず、前提として、入金から反映までは以下のステップがあります。

1. 自分の金融期間から振込み処理(払い出し)    -> 2. アイザワ証券の銀行で受け取り処理   -> 3.アイザワ証券のシステムに連絡

1は金融機関によって違うので、かかる分数は不明です。

ちなみに、1~3まで、私の場合は20分程度以上はかかってます。余力反映ができてないことの確認によります。

そこで、2の締め切り時間を中心に、余力反映のタイミングは以下の時刻になります。
この時刻よりも10分以上前に振り込み処理を行うことが良いです。(自分の例の場合は、10分前で処理できているからです)
  1. 9:05
  2. 9:30
  3. 10:00
  4. 10:30
  5. 11:00
  6. 11:30
  7. 12:10
  8. 12:30
  9. 13:10
  10. 13:30
  11. 14:00
  12. 14:30
  13. 15:00
例として、 
 11:20に振込み処理終了  -> 11:30~11:33では余力未反映  -> 11:40に余力反映を確認

以上、参考になれば幸いです。







投資はあくまで自己責任でお願いたします。
クリック↓ 応援頂けると記事に熱がさらに入ります。

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ

にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村

続きを読む

テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

ビナミルク買い増し

 設定したポートフォリオにするために、ビナミルクを100万程度買い増しました。



これで以下のポートフォリオになります。


まだTLGは買ってないですが、現在の株価チャートによると、TLGも高値ですが、踊り場になっています。

SKG 200万とTLG135万購入予定です。



ビナミルク買い増し

投資はあくまで自己責任でお願いたします。
クリック↓ 応援頂けると記事に熱がさらに入ります。

にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ

にほんブログ村
にほんブログ村 株ブログ 外国株へ
にほんブログ村


テーマ : 株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

楽天楽天・売れ筋
お好み筋
検索フォーム
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

バフェット流銘柄分析家

Author:バフェット流銘柄分析家
各種投資を20年程度実施しましたが、バフェットの投資方法が最良と考え、その視点で銘柄分析を行って紹介していきます。
注:本情報をもとにした投資の責任は一切追いません。

応援うれしいです。クリック↓ にほんブログ村 株ブログ ベトナム株へ
FC2カウンター
スポンサーリンク
投資勉強
ベトナム株通信
Amazonおまかせ